スリランか旅行会社 Sudath Travels

キャンデイペラハラ 2018
エサラペラハラはスリランカで開催される壮大なお祭りです。ペラヘラ祭は2018年8月17日 から 8月27日までキャンデイで行われます.
クンバル・ペラヘラ
17 August  - 21th August 2018
ランドリ・ペラヘラ
22 August - 25th August 2018
Final (ランドリ・ペラヘラ)
 26th August 2018

スリランカ最大のお祭りであるキャンディペラヘラ


20178月スリランカ最大のお祭りであるペラヘラ祭りに合わせて、スリランカにやって来ました。まず、アヌラーダプラから入って、そして仏教遺跡の三角地帯であるアヌラーダプラ、ポロンナルワ、シーギリアを巡るという、ペラヘラ祭りの会場であるキャンディ、祭りと黄金ルートを堪能した非常に楽しい旅でした。

                                                                           田中
         

とても充実した旅でした

2017年3月,初めてスリランカに行って来ました。 滞在期間は8 日間でしたが,スリランカにある6つの世界文化遺産を見てまわりました。 日本からの直行便は夜遅く着くので,2日目からの7日間を満喫してきました。 2日目,ゴール近くの海岸で海水浴をしたあと,ゴールを見学し, 3日目から5日 目は,キャンディー,ダンブッラ,シーギリヤ,ポロンナルワ,アヌラーダプラとまわり, 6日目と7 日目は,コロンボ市内の博物館や動物園と,スリー・ジャヤワルダナプラを見学してきました。 スリラ ンカは仏教国なので,とにかく仏教に関する歴史的建造物が多かったです。 お線香の臭いがすると,日 本人としてはとても親しみを感じます。 それから自然が豊かで,珍しい動植物が多かったです。 特にオオトカゲにはびっくりしました。観光地でも結構見られ,近づいてカメラに納めました。 他にも野生の象や鹿,猿など,滞在中にたくさんの生き物を見ることができて楽しかったです。 現地の食べ物は,私にとってはかなり辛かったのですが,結構おいしいかったです。 現 地の人と同じように手で食べたので,いい思い出になりました。 スリランカでは東洋人は珍しいみたい で,どこへ行っても注目を浴びます。 でも,小さい子はみんな手を振ってくれますし,温かく迎えてく れます。 お坊さんも,日本のお坊さんと違って人なつっこい感じがします。 コロンボのゴール・フェイス・グリーンでは,オレンジの衣を着たお坊さんに話しかけられました。 ほかにも,クリケットに交ぜてもらったり,果物をご馳走になったり と,とても充実した旅でした。 また何年かしたら,是 非訪れたいです。
江浦孝弘

また行きたくなる国になってしまいました

スリランカ旅行から帰ってきました!おかげさまでとってもとっても楽しく安全に過ごせました。スリランカとても衝撃的で、なんだか映画を見ているような印象を受けました。また行きたくなる国になってしまいました!ガイドのMr.Manjulaさんが、とても親切で楽しい方だったので、毎日変な気を使うことなく自分のペースで過ごすことができました。日本語も大変上手 で、観光地の案内はもちろんのこと、スリランカの話やスリランカついて多くのことを教えていただきました。ドライバーの方も安全運転で(私の運転より全然安全でした(^^))移動のときは疲れないようにスケジュールを勧めてくれました。本当に感謝です。本当に印象深く充実した5日間を過ごすことができました!本当にどうもありがとうございました!またの機会にもどうぞよろしくお願い致します。
竹内冬樹
(朝日食堂の社長)

スリランカ大好きな者より

Kyoichiro Sako サンフランシスコ講和会議では、日本の分割問題が話されました。そのときに、日本の分割を反対したのは、台湾の蒋介石とスリランカのラジャワイルドネ大統領でした。日本はとても大きな恩をスリランカから頂いているのです。ですから、どんどんスリランカに行きましょう。そしてどんどんスリランカでお金を使いましょうね。 スリランカ大好きな者より(株式会社アルカダイアモンド 代表取締役 迫 恭一郎)

Sudath Travels | スリランカ旅行会社 | スリランカトラベルズ

SUDATH トラベルズはスリランカへの旅のコンサルタントを目指しています。 私はSUDATH MANJULA ともうします。私は日本で日本語を勉強しました。 今私が旅行会社をやっています。スリランカはまだまだ日本では認知度が 低くあまり知られていません。1人でも多くの人にスリランカを知ってもらいたい、 スリランカに行ってもらいたい。お願い致します。